総合文化展@東京国立博物館(2020年7月23日)

 きもの展に行ってきた(https://84679040.at.webry.info/202007/article_11.html)わけですが、そのチケットでトーハク本館での総合文化展も見られます(きもの展の予約時間より前から入って鑑賞可)。建物自体もじっくり見たい。展示品も有名な名品ぞろいで楽しかった。 大階段の写真をツ…
コメント:0

続きを読むread more

特別展「きもの」@東京国立博物館(2020年7月23日)

 上野の東京国立博物館で開催中の「きもの」展、信じられないくらい古い着物から、さまざまな刺繍や染め技を尽くした豪奢な振袖や打掛、岡本太郎や YOSHIKIの現代着物まで。眼福としか言いようがない……8月23日まで。 https://kimonoten2020.exhibit.jp/index.html  あとでも書くけれ…
コメント:0

続きを読むread more

「きたれ、バウハウス」展関連でファイニンガーのTシャツが発売

 現在東京ステーションギャラリーでは「開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―」展が開催中ですが https://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202006_bauhaus.html  まだ行ってないのに、先に見つけてしまった。関連商品としてリオネル・ファイニンガーの1923年…
コメント:0

続きを読むread more

谷賢一作・演出・出演『アンチフィクション』@シアター風姿花伝(2020年7月23日)

 コロナ禍中の作家の姿……というテーマで、「これはフィクションではありません!」と大きな声で作者本人が語る一人芝居。一人芝居だが、「DULL-COLORED POP vol.22」という、劇団の上演作品としての通しナンバーもついている。  確かにいつものスタバやファミレスに行けないというのはあるだろうけれど、それでも作家が…
コメント:0

続きを読むread more

フランソワ・ジラール演出《さまよえるオランダ人》@METライブビューイング(2020年7月10日)

 こんな空を描ける人がジョン・マクファーレン以外にいるの?!と思ったら、エンドロールに彼の名前が。思えばあの目、「肖像画」を表す片目も彼独特の「目」でした(以前ドキュメンタリーでご本人のお姿を拝見した際、作品で登場する「目」と本人の目がそっくりなのに驚いた記憶あり)。照明デイヴィッド・フィンと共に、すばらしい光と闇を舞台に創出。このバラ…
コメント:0

続きを読むread more

【視聴企画】グラインドボーンの《ビリー・バッド》を観る【6日目】

 グラインドボーンのストリーミングで《ビリー・バッド》をちょっとずつ見る企画、最終日6日目です。前回のまとめはここ。ツイッターで書ききれない原作の引用部分とかも入っています。 https://84679040.at.webry.info/202007/article_6.html  グラインドボーンに公共交通機関で行くには、ロン…
コメント:0

続きを読むread more

【視聴企画】グラインドボーンの《ビリー・バッド》を観る【5日目】

グラインドボーンのストリーミングで《ビリー・バッド》をちょっとずつ見る企画、5日目です。前回のまとめはここ。 https://84679040.at.webry.info/202007/article_5.html この映像が見られるのは日曜いっぱいなので、つまみ食いでもいいので観てほしいな~。 グラインドボーンは、さすが昔…
コメント:0

続きを読むread more

【視聴企画】グラインドボーンの《ビリー・バッド》を観る【4日目】

グラインドボーンのストリーミングで《ビリー・バッド》をちょっとずつ見る企画、4日目です。前回のまとめはここ。やっぱり1幕の白眉はクラッガートのモノローグだな……あと冒頭のヴィアの自虐的な回想も好きです。 https://84679040.at.webry.info/202007/article_4.html  写真は、20…
コメント:0

続きを読むread more

【視聴企画】グラインドボーンの《ビリー・バッド》を観る【3日目】

グラインドボーンのストリーミングで《ビリー・バッド》をちょっとずつ見る企画、3日目です。前回のまとめはここ。 https://84679040.at.webry.info/202007/article_3.html 前回、ヴィア艦長の部屋に場面が移ったので、グラインドボーンの、私邸部分で公開されている書斎の写真を……今思うと、これ…
コメント:0

続きを読むread more

【視聴企画】グラインドボーンの《ビリー・バッド》を観る【2日目】

グラインドボーンの一週間限定のストリーミングで《ビリー・バッド》をちょっとずつ見る企画、昨日2日目でした。前回のまとめはここ。 https://84679040.at.webry.info/202007/article_2.html 《ビリー・バッド》⑦鞭打ちで背中一杯に傷を負い、心身ともに弱り切った新兵Novice。「傷は消え…
コメント:0

続きを読むread more

【視聴企画】グラインドボーンの《ビリー・バッド》を観る【1日目】

 月曜深夜1時から一週間、グラインドボーンのマイケル・グランデージ演出《ビリー・バッド》がストリーミング中です。演奏はマーク・エルダ―指揮ロンドン・フィル。日本ではあまり観る機会のない作品なので、毎日ちょっとずつ、20~30分ずつくらい一緒に観ていきませんか? ……というプロモーションを、ツイッターでイギリス班として自主的に企画。《ビ…
コメント:0

続きを読むread more

ブリュッセルの街角(2011年9月)

 いまは全然行ける気がしないヨーロッパですが、非常に頻繁に通っていた都市のひとつがブリュッセル。自分のボロボロなメンタルをはげます意味も込め、9年前の街ブラ写真を投稿してみます。この頃よく通っていた古本屋街など、このコロナを生き延びていてくれるでしょうか…… ロンバール通りに面した、右奥のファッションストリートに入る手前にあるカフ…
コメント:0

続きを読むread more

ミキエレット演出《愛の妙薬》&シモンズ演出《ラインの黄金》(中央評論294号、2016年)

 コロナで休館になってしまった期間、ブリュッセル・モネ劇場は相当頑張ってお蔵出しをやってきてくれて、いまや最後の第三シーズン(~6月30日)。  https://www.lamonnaie.be/en/sections/388-mm-channel その中で、ダミアーノ・ミキエレット演出《愛の妙薬》が今月いっぱいオンデマンドにな…
コメント:0

続きを読むread more

勅使川原三郎「永遠の気晴らし」@カラス・アパラタス(2020年6月13日)

 緊急事態宣言解除後の初プロダクション開始のお知らせを聞き、公演2日目に、3月の「トリスタンとイゾルデ」以来の荻窪訪問。しかし佐東利穂子とともに、ほぼ2ヶ月ぶりの舞台とは思えない切れ味の踊りに、わくわく目が離せない一時間だった。リコーダー独奏にあわせての最初のシークエンスには、目を覚ました二羽の鳥たちのようなフレッシュなかわいらしさすら…
コメント:0

続きを読むread more

「リーディング・パフォーマンス 市原佐都子『蝶々夫人』評」掲載と、新国《蝶々夫人》ストリーミング

 ちょっと前に、2月のシアターコモンズで、戯曲をもらい自主リーディング、という形で発表された市原佐都子《蝶々夫人》のアダプテーションについて、「人間は深い淵──リーディング・パフォーマンス 市原佐都子『蝶々夫人』評」という文章を書きました。 「人間は深い淵──リーディング・パフォーマンス 市原佐都子『蝶々夫人』評」 https:…
コメント:0

続きを読むread more

【映像】Amélie Niermeyer演出《レオノーレ》(《フィデリオ》初稿版)@ウィーン国立歌劇場ストリーミング

 ウィーン国立歌劇場の《フィデリオ》と言えば、ヤノヴィッツとコロが主演のオットー・シェンク演出の映像(1978)が発売されており、このおこもり期間のストリーミングだけでも3組以上別の組み合わせで録画が出てきた、ここの長寿プロダクション。ベートーヴェンイヤーに合わせてそろそろ新演出が出るのかな?と思ったら、そうではなくて、めったに上演され…
コメント:0

続きを読むread more

ブックカバーチャレンジ7選 ~絵本・挿絵を中心に

もはや流行りもピークを過ぎましたが、FBのほうで細川俊夫先生より回していただきました「ブックカバーチャレンジ」、ヴィジュアル本で選んだものをブログにも残しておこうと思います。特に、絵本の挿絵は、手軽に手に入れられる芸術作品と言ってもいいと思っているので、ぜひご紹介したいものがたくさんあるのです。 その中からまずは私が現在一番好きな…
コメント:0

続きを読むread more

【映像】デミス・ヴォルピ演出《ヴェニスに死す》@シュトゥットガルト、ストリーミング視聴(2020年5月29日)

 あの水の都の地霊、というかヴィスコンティから解放されたアッシェンバッハ。山と積まれた本の砦の中で身体を縮めて生きてきた芸術家が、未知への衝動 a sudden desire for the unknown に従い、誰もが――いや、世の大方が――是とする世界観から一歩踏み出す命がけの闘争について。  半透明の衝立に視界を遮られた…
コメント:0

続きを読むread more

【映像】ロベール・ルパージュ演出《ファウストの劫罰》@METストリーミング(2020年5月26日)

 ルパージュの《劫罰》と言えば皆様ご存じ、1999年にサイトウ・キネンでやりましたよね。METの上演は、あの演出を2008年の技術でアップグレードしてお届けということみたい。なんとMETでのこの作品の「オペラ」としての上演は初めてというのにも驚く。  第一部で特に目を奪われるのは、幕切れの学生たちと兵士たちの合唱。天井まで…
コメント:0

続きを読むread more

リエージュの教会ほか街並み(2019年9月)

 昨年9月に訪問したリエージュ、以前「アール・デコの街並み」だけは投稿しましたが( https://84679040.at.webry.info/201910/article_9.html )、ほかに教会などの思い出をまとめました。こじんまりとした街ながら、美しいものがたくさんあります。  リエージュの聖ドニ教会 Collégia…
コメント:0

続きを読むread more