アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
今日も劇場へ? 森岡実穂・劇場通いの記録
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
【お知らせ】青年団リンク ホエイ『珈琲法要』『麦とクシャミ』など映像期間限定公開
青年団の関連劇団「ホエイ」が、今日から期間限定で Youtubeで過去映像を公開するそうです。 「新作『小竹物語』のご観劇の前後にお楽しみいただければ幸いです」とのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/16 18:10
【再録】 METライヴビューイング ケントリッジ演出《ルル》@東劇(2016年1月18日)
ザルツブルクでウィリアム・ケントリッジが《ヴォツェック》の新演出を出しているので、《ルル》はどうだったかな……と思いだすために再録。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/16 17:49
Landschaftspark Duisburg-Nordへの行き方
Landschaftspark Duisburg-Nordへの行き方 今年は《光のない。》Kein Licht. の上演があるので、ルールトリエンナーレのこちらの会場への行き方が不安な方もいらっしゃるかと思いますので、ちょっとまとめておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/12 15:06
沼尻竜典 オペラ指揮者セミナーV 〜「ラ・ボエーム」指揮法〜 三日目 (2017年8月9日)
沼尻竜典 オペラ指揮者セミナーV 〜「ラ・ボエーム」指揮法〜 三日目 (2017年8月9日)  「沼尻竜典オペラ指揮者セミナー」@びわ湖ホール三日目。本日は(もう一昨日だけど)《ラ・ボエーム》からの抜粋で成果発表会。以下それぞれの担当箇所と沼尻さんからの講評メモ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/11 08:58
沼尻竜典 オペラ指揮者セミナーV 〜「ラ・ボエーム」指揮法〜 二日目 (2017年8月8日)
沼尻竜典 オペラ指揮者セミナーV 〜「ラ・ボエーム」指揮法〜 二日目 (2017年8月8日) 「沼尻竜典オペラ指揮者セミナー」@びわ湖ホール二日目。台風一過とはこのこと、という青空。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/10 10:18
沼尻竜典 オペラ指揮者セミナーV 〜「ラ・ボエーム」指揮法〜 一日目 (2017年8月7日)
沼尻竜典 オペラ指揮者セミナーV 〜「ラ・ボエーム」指揮法〜 一日目 (2017年8月7日)  びわ湖にいままでみたことないような白波のたつ台風の日、今年も「沼尻竜典オペラ指揮者セミナー」@びわ湖ホールが開始。三年目の題材は《ラ・ボエーム》。本日は平塚洋子・湯浅加奈子の2台ピアノ、明日あさっては大阪交響楽団と共に指揮のレッスン。今年はかなりキャリア有の受講生ながら、さすがに初日は皆さん緊張のスタートでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 08:15
劇団新感線『髑髏城の七人 鳥』@ステージアラウンド(2017年8月3日)
劇団新感線『髑髏城の七人 鳥』@ステージアラウンド(2017年8月3日)  ゆりかもめの「市場前」駅前の空地に、客席が回転する円型劇場をつくり、ここで新感線が1年、「花鳥風月」の4シーズン、劇団の看板作品『髑髏城の七人』を上演する。うっかりチケット争奪戦に参戦しそびれて「花」は観られなかったが、ようやく「鳥」で回転劇場を体験。このアイディアを形にする馬力はすごいな! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/05 11:12
【ジョーンズの舞台・3】 演出作品 発売映像リスト
【ジョーンズの舞台・3】 演出作品 発売映像リスト  《ばらの騎士》でリチャード・ジョーンズ演出に興味を持った方向けに、映像が残っている舞台をご紹介。90年代後半〜2000年代前半の圧倒的傑作群が映像になっていないのは残念ですが、英国ロイヤル・オペラとグラインドボーンを中心に、ここ十年ほどの作品はかなり映像化されています。気になるものがあればぜひご覧ください。  2017/18シーズンのプレミエは、ROHでの《ラ・ボエーム》とパリ・オペラ座での《パルジファル》。どちらの劇場でも、おそらく映像が出されるのではないでしょうか。ああ、どこかが《スペー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/04 00:08
【過去記事】ヴァンサン・ブサール演出《椿姫》@新国立劇場(2015年5月10日)
*2017/18シーズンに新国で再演があるので、紹介用にFBの過去記事(2015/5/16)をサルベージしておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/31 00:35
ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ@ドイツ文化センター(2017年7月29日)
ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ@ドイツ文化センター(2017年7月29日)  「現在社会とそこに生きる人間、演劇のあり方を問う最新ドイツ語演劇4作品を一挙リーディング形式で紹介!」ということで、3日間で4本の作品を4人の若手日本演出家で上演。うち『幽霊』以外の3本を1日で鑑賞。基本は「台本を手に持つ」という意味でリーディング形式ながら、もはやこういう形式の上演と言ってもいいのでは?というくらいに見えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/30 11:43
【ジョーンズの舞台・2】 舞台をささえる人たち:ミミ・ジョーダン・シェリン(照明)
【ジョーンズの舞台・2】 舞台をささえる人たち:ミミ・ジョーダン・シェリン(照明)  ついに水曜日に、ジョーンズ演出《ばらの騎士》の初日が開きました。グラインドボーンの映像は観ていたのですが、実際の舞台でないとやっぱりわからない・実感できないことがいかに大きいかを痛感しました。既にブログ前項で書きましたが、特にミミ・ジョーダン・シェリンによる大空間を操る照明は、映像では感得しきれないもの。彼女との協力関係はジョーンズのキャリアの初期からの長い時間にわたるもので、彼の演出の全体的にグロテスクでビザールな雰囲気を作るのに大きく貢献してきたひとりだと言えるでしょう。先日の二期会ブログ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/28 22:56
リチャード・ジョーンズ演出《ばらの騎士》初日(2017年7月26日、東京文化会館)
 《ばらの騎士》、とりあえず急ぎでお伝えしたいこと……演劇まで含め、照明に関わる仕事している人には絶対見てほしい!これだけは映像では伝わらないから。ジョーンズ演出を支えるミミ・ジョーダン・シェリンの卓越した技術と解釈力をぜひ体験してください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/28 13:31
【ジョーンズの舞台・1】 仮面舞踏会(ブレゲンツ音楽祭、1999・2000年)
【ジョーンズの舞台・1】 仮面舞踏会(ブレゲンツ音楽祭、1999・2000年) 明日7月26日(水)から、東京二期会によるリチャード・ジョーンズ演出《ばらの騎士》上演が上野の東京文化会館で始まります。彼のこれまでの傑作を紹介した記事は既に二期会ブログで紹介していただきましたが、個別にもう少し書いてみたいと思います。こんな舞台をやっている人の《ばらの騎士》が東京で観られるんですよ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/25 09:45
【メモ】 《ルル》二幕における《フィガロの結婚》へのオマージュ
《ルル》 Lulu 二幕の中で、《フィガロの結婚》 Le Nozze di Figaro を意識しているであろう所。《ドン・ジョヴァンニ》との構造の類似性がよく語られる作品ですが、二幕はちょっと《フィガロ》風味あると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/23 11:33
「リチャード・ジョーンズ、その素晴らしき舞台の世界」が二期会ブログに
「リチャード・ジョーンズ、その素晴らしき舞台の世界」が二期会ブログに さて、二期会の《ばらの騎士》キャンペーンの中で、リチャード・ジョーンズのキャリアの紹介記事を書かせていただいた記事がアップされておりました。私はずっと気にして追いかけているけれど、世間の人にはなかなか一目でそれが分かる資料ってないよな……と思いまして、各劇場にがんがん問い合わせ、まだ電子化時代以前の写真も今回入手、一目でジョーンズの舞台の素晴らしさを感じていただける写真集的な入門テキストをつくりました。ぜひぜひご覧ください! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/21 09:27
ロメオ・カステルッチ演出《タンホイザー》@バイエルン歌劇場(2017年7月10日、ネット視聴)
  秋に来日公演のある新演出を、お友達ふたりと共にストリーミングで鑑賞。アジア向けの時間設定はありがたい。情報量があまりに多く、また複雑で分からない部分も多かったが、三幕は素晴らしかった。作品の最後の、カトリック教会によって彼の死の意味を横から簒奪されかねない台本の処理はこの作品の大きな課題だけれど、現世でタンホイザーを縛る肉体と共同体からいままで観たことのない方法で解放し、この課題にひとつの解決とひとつの希望をもたらした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/17 23:31
【人事】 オペラ・フランデーレンの新オペラ監督が Jan Vandenhouwe に!
オペラ・フランデーレンのアヴィエル・カーンの後任のオペラ監督、いまルールトリエンナーレで活躍している Jan Vandenhouwe(1979年生まれ)に決定! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/15 11:17
平田オリザ作・演出『さよならだけが人生か』@吉祥寺シアター(2017年6月26日)
住宅地造成に遺跡が出て、雨の日の休憩所にいろいろな人が交錯するという設定。現場労働者、本社社員、発掘の学生、先輩後輩、恋人、親子。皆、その場その場の座組で立場が変わると、態度が、話し方が、声が変わる。その細かく変幻自在な感じがとても日本。自在にやっているようで、ちょっと息苦しくてチャンスがあると「外」に期待してしまう所含め。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/01 10:47
【映像】マクヴィカー演出/アブ・サレム演出/A・マルターラー演出《後宮からの誘拐》
先週今週で少しまとめて《後宮からの誘拐》の映像を見たので、おすすめメモ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/30 23:13
田尾下哲演出・黛敏郎《金閣寺》@神奈川県民ホール(2015年12月5日)
今日、Opéra National du Rhinと東京二期会の共同制作で、宮本亜門演出《金閣寺》が3月にストラスブールでプレミエになることが発表。既にシーズンプログラムが出た時に知っていたけれど、期待の企画が動き出して嬉しい。いい機会なので2015年に神奈川県民ホールで上演された田尾下哲演出《金閣寺》のレビューを再録しておこう。これはTV放送もあったし、残った映像が多くの人がこの作品に触れるよい入口になってくれるだろう。宮本演出にもあらたな進展を期待。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 19:54

続きを見る

トップへ

月別リンク

今日も劇場へ? 森岡実穂・劇場通いの記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる